借地上の建物売買【譲渡・売却】=借地建物は地主売却が最高値

借地上の建物(譲渡・売却)

借地上の建物の譲渡・売却は、底地人(地主)を相手に交渉するのがベストです。
旧法借地権の、「借地人に断然有利な借地契約」に縛られ、安い地代に甘んじて有効活用しきれない地主は、借地上の建物を買取ることで借地権消滅をするのが重要だと分っているからです。

地主にとって、借地人からの借地上の建物の譲渡・売却相談は、資金余裕さえあれば、いつでも受けたい申し出です。借地人にとって話が一番早い売却相手でしょう。

借地人が借地上建物の譲渡・売却をするには、「地主への借地権譲渡承諾料その他の費用支払い」が、地主本人に売却するなら不要になるわけで、お互い損はありません。
借地上の建物の譲渡・売却を、地主よりも高額で引き受けてくれる人がいたとしても、承諾料その他の費用を総計すると、地主に売ったほうが良い、という結論に至ることのほうが多いものです。

借地権建物のデザイン

借地上建物譲渡の手間

借地上の建物譲渡には、承諾料支払い他の手間ひまがかかります。借地権買取を行う業者や地主への直接譲渡だと、この手間が省略できます。
しかし、仲介業者を介して第三者へ譲渡する場合、借地建物の所有者に思わぬ負担や面倒がかかることもあるので要注意です。

地代と借地建物の維持・売却

借地上建物の維持は、そこに住み商売をしていれば、日常のことであり、その維持費に負担などないものです。
しかし、生計がままならない困窮した人にとっては、借地住宅の維持管理費も重責です。

地主から地代値上げをひんぱんに要求され、困っている借地人から借地権売却の相談を受けることがあります。
よくよく聞くと、借地人が生活破綻していて、割安な地代であるのに、借地代滞納をして地主を怒らせているようなケースが多いです。
地代さえ、払えない状態を続けるより、早い時期に借地上建物の売却を進め、身軽になることが得策です。

借地上の建物賃貸と地代相場

昔からの賃貸借関係で、周辺の借地相場より安く借地できている借地人などは、借地上の建物を賃貸し、その利ざやで稼いでいることがあります。
これは珍しい話ではなく、借地権アパート経営はこの典型です。

安い地代で維持できて、借地上の建物が賃貸にまわせる状況なら、そのサヤ取りで儲けるという手口もアリでしょう。

借地上建物の売買価格

借地上建物の借地権価格は公租公課・物価、近隣土地相場の変動によって増減額の請求ができると解されています。
これは、たいていの借地契約書にもうたわれていることで賃上げ請求自体、当然、合法です。

特に旧法借地権時代から続く借地契約の多くは、地代が固定資産税・公租公課に毛の生えた程度の安さで、地主は土地貸ししていることになんのメリットもありません。
賃上げ交渉は土地経営の必須事項です。

ただこれに応じない借地人には、地代が安いほうが借地上建物の売買価格が高くなるという思いがあります。
将来に渡り、安い地代が約束されている借地上の建物のほうが、高い地代のそれより売買価格が高くなるのは当然であり、借地人の抵抗も分ります。

しかし、結局、他人に売買する際に承諾料を地主に取られることを考えると、プラマイゼロになることも多いです。
この点でも「借地上建物の売却相手は地主」というのが、妥当であることが理解できます。

借地上建物の売却【借地権売却】

借地上建物の売却は、借地人が「近隣の借地料相場なみの地代程度の支払い」に四苦八苦している状況なら、今すぐにでも考えるべきです。
借地上でのビジネスが儲からないとか、その土地に執着する理由がないのなら、地主に借地上の建物を売却して楽になることも方法のひとつです。

一般的に借地代は、地価に比べて割安なことが多いです。
多くの地主は貸し地していることを後悔していますが、それは地代の平均が安すぎて、平均にあわせた自分の地代にイラだっていることさえあるからです。

そんな割安な経費さえ支払えないのなら、地主に借地上の建物売却(借地権売却)をすることで売却資金を得て、リタイヤするほうが懸命です。

借地建物のイラスト

地主への借地上建物売却

「こんなに地価高騰してるのに安い借地代で居座りやがって」と苦々しく思っている地主は、裏を返せば、その借地権価格、つまり価値を一番理解しているといえます。

駆け引きで、「借地建物は買いたくない。それより賃上げに応じろ!」と拒否反応を示していても、心の底では、借地権が返還される可能性に期待する地主は多いです。
上手に借地権交渉ができるのなら、借地上建物の売却相手は地主が一番です。

借地上の建物の売却でお悩みの方、ご相談下さい

借地上の建物(一戸建て~アパート)の売却処分でお悩みの方、ご相談下さい。
東京都内23区、東京市部、神奈川県の横浜市・川崎市に隣接する市町に限り、買取をいたします。

借地権物件は地主様とのおつきあい他で、なかなか売却処分が難しいこととお察しします。
また、不動産業者さんも自ら進んで買取してくれないのも、現状です。
現在、自社で始めるシェアビジネスに転用するための建物を探しています。

このエリアであれば、借地上の建物でも構わないので、ぜひ一度、お見積もりさせて下さい。
高価買取、もしくは将来活用されるご予定の時まで、適正価格で借家し利用させていただきます。
築古物件でも問いませんので、一度、買取業者さんに断られたことのある方でもご遠慮なく、以下の「難物件、他、買取」をクリックし、メールフォームからご相談下さい。

(対象エリア:東京都内23区のうち品川区・目黒区・大田区・世田谷区・中野区・杉並区・練馬区・台東区・墨田区・江東区・荒川区・足立区・葛飾区・江戸川区・文京区・豊島区・北区・板橋区、および東京市部の三鷹市・府中市・調布市・狛江市・町田市。神奈川県横浜市・川崎市・鎌倉市・藤沢市)

(本文、終了)

★☆★東京~神奈川で物件を探しています。★☆★

gold

※追記:リフォームモニターは終了しました。※

リフォームのご質問・ご相談は、facebookのメッセージから受け付けます。 急ぎで作ったメッセージやりとり専用ページです。→【リフォームQ|facebook】 物件売却希望の東京~神奈川以外のかたは、今後は facebook リフォームQ へお願いします。 (2017/01/24)