屋根リフォーム費用―屋根修理相場と補修改修に必要な修繕予算

屋根リフォーム費用

屋根リフォーム費用は、築年数が経って劣化が進むに比例して高額になっていきます。

屋根リフォーム費用でもっとも割安なのは、塗り替え改修です。化粧スレートやガルバリウム鋼板、セメント瓦などは塗り替え改修によって手軽に安いリフォーム費用で刷新が可能です。
これらの塗り替えは、高圧洗浄してから下塗りと仕上げ塗りをすることで、廃材・廃棄物を出さないため、廃棄物処理費用が不要です。
但し、あまりに老朽化がすすんだ物件では、屋根下地自体が腐朽しているため、塗り替えでは効果がなく費やした屋根リフォーム費用がムダになる可能性もあります。

同様に、廃材を出さずに屋根改修ができるのが、重ね葺き改修です。
これは経年劣化したスレートやガルバリウム、トタンの屋根の上に同じ材質の新品の屋根材をそのまま被せる修繕方法です。
重ね葺きは古い屋根の上に新しい屋根材を乗せるだけですから、撤去処分費用が不要なぶん、割安な屋根リフォーム費用ですませられます。
しかし、屋根材が古いものの上に新しいものが乗った状態、つまり、「二重」になるため、元々軽量であるスレート~トタン屋根のリノベーションには向きますが、瓦屋根には不向きです。

屋根リフォームといえば、「葺き替え」が一般的にイメージする、メジャーな改修方法です。
葺き替えは、古い屋根材を撤去して、屋根下地も取り替えてから新しい瓦で新しい屋根を作り上げるものです。
葺き替えは築古物件の屋根修理には最適ですが、屋根の資材を総入れ替えすることになり、廃材処理費も含めて、屋根リフォーム費用はもっとも高くつきます。

ところで、屋根リフォーム費用は、瓦などの屋根材料の単価を計算するだけでなく、足場設置費や今現在屋根の上に張られている既存屋根材の撤去費用なども考えて、予算組みしなければなりません。

屋根部分をトータルでリノベーションする場合、材料の重量も考えないと耐震性でトラブルが生じることもあります。

トタン屋根修理費用

トタン屋根は軽量かつ安価だったため高度経済成長期の建売住宅に多用されてきました。
今、それらの中古住宅が建て替えや屋根リフォームが必須となる老齢住宅の築年数をむかえています。
トタン屋根は新時代の住宅や屋根材から比べると、一昔前の時代遅れ感があります。その費用対効果からすると、トタン屋根修理費用はその他の素材の屋根に葺き替えるより割高になる可能性があります。

しかし、トタン屋根だったものを重厚な造りにしようと瓦葺に変えたら、単純に10倍、屋根部分が重くなります。

この施工を土台となる躯体部分をトタン屋根当時と同じまま屋根だけを瓦葺にリフォームしても、軽い屋根を支える予測しかしていない設計では耐久性不足でいずれ倒壊の恐れがあります。
そのぶん施工工程も増え、屋根リフォーム費用も高くなります。

屋根のリフォームをする鳶職

トタン屋根から葺き替えするとなると、スレートかガルバリウムの屋根材を使用することになるでしょう。
瓦葺には重く地震に弱い弱点はあるものの、釉薬瓦などは日射や雨音の影響をシャットしてくれるクオリティが非常に高いです。これに比較するとトタンやガルバリウムは軽量だけども防音・断熱効果はのぞめません。

スレート系の屋根材はその中間くらいの役回りですが、断熱性や耐久性が低く、防水性もいまいちなため、雨漏り原因に気を使う必要が出てきます。

屋根リフォーム費用の相場

屋根修理リフォーム費用の相場に平均価格というのはありません。発注する施主さんの考える屋根リフォームの施工内容によって屋根リフォーム費用が決まります。

平均的な注文というのは漠然としており、それに基づいて屋根修理リフォーム費用の相場を算出する事は、かなり難しいのです。

屋根リフォーム費用を「雨漏り原因」によって考えているお宅は、雨漏りが屋根の形状によって起っている可能性も計算に入れ、検査して、屋根形状に問題があれば、これを変更する改築工事が必要になります。

屋根形状や施工に問題があると、表面の屋根材だけ変えてもしばらくすると雨漏りが再発します。根本原因の調査、棟部・隅部・谷部などの傷み、下地材の老朽化チェックもカワラを交換する前にチェックすべきです。

欠陥発見した調査員の写真

屋根に登って調べると、隅棟の漆喰の剥がれ、袖の板金の劣化、陸棟のカワラのずれなど、雨漏りになる原因を事前に察知して、補修することでその予防になることもあります。

屋根リフォーム費用を売電収入で

震災以降、ソーラーパネルの営業会社は雨後の筍のごとく爆発的に増えました。311以前は単なる太陽光発電による電気利用で自家消費電力の節約をするだけでした。

それが、311以降は、「売電収入」という儲けまで匂わせるような商法で、どんどん一戸建て住宅の屋根や分譲マンションの屋上、はては農地まで売れるトコならどこまでも、といった感じに増殖。apart-door

今でも土日の住宅街には、家庭用太陽光発電システムをセールスする、トータルリフォーム会社の営業マンが必ずパンフレットを持って訪問営業を続けています。

売電収入システムなどいずれ破綻するから論外ですが、太陽光発電システムで毎年節電・費用節約できたとして、何十年で初期投資を回収するつもりか考えていない人が多すぎます。

太陽光発電自体は素晴らしいエコロジーですが、実利を考えると、この先《新エネルギー》の開発が一気に加速し、《格安の新エネルギー》がこの10年内に一般化する可能性は高いです。

住宅ローンを表す電卓写真

その時は、屋根に乗ってるソーラーパネルが、建物に余計な荷重をかけ地震の際に一番落下を恐れるべき無用の長物として残ることを、これから買う人は考えたほうがいいでしょう。
また、屋根リフォーム費用および一戸建てリフォーム費用を売電収入で賄えるというアイデアに現実味はありません。

屋根のリフォーム費用とソーラーパネル修理

屋根に過重負担をかける重量物としてのソーラーパネルはガッチリと固定施工されています。

これを解体取外しするさいの屋根のリフォーム・補修費用はソーラーシステムで売電できた料金の1千倍くらいはかかるでしょう。

現在でも目立ったメリットは見当たらず、万一取外し工事をすると屋根のリフォーム・補修費用が膨大にかかるこのシステムはコストパフォーマンス的に良くないものと言えます。

参考までに、20年以上前にテレビCMで日本中に知名度を轟かせたものの強引な営業スタイルで不評を買って倒産したソーラーシステムの会社がありました。
これは、今の太陽光発電(=蓄電かつ売電まで可能)とは違い、数世代前の「お風呂の湯わかし用」にしか使えませんでしたが、とにかく訪問営業がすごくて日本中に広まりました。
その会社のソーラーパネルを今も屋根に設置し続けている築40年クラスの中古住宅が、東京都内や神奈川の住宅地にもたくさん残っています。

これは、このソーラーパネルが役に立っているから重宝して使い続けているのではありません。
ほとんどが、当の昔に故障して販売会社もメンテナンスを放棄したまま倒産したから、修理のしようもなく、惰性で放置してある「飾り」なんです。
このパネルを撤去するには、新たに屋根のリフォーム費用がかかりますし、屋根にガッチリ固定据付してあるので、下手に取り外して屋根下地が壊れたら雨漏りの原因になってしまいます。

何十キロも重量のあるソーラーパネルを撤去すれば、家・屋根の寿命は少しは伸びます。しかし、そのための屋根リフォーム費用を計算すると、下手に撤去するだけでもアシが出る可能性があります。
だから、使えなくてジャマでしょうがないのはやまやまですが、やむをえずそのままにされている20数年前に製造された老朽ソーラーシステムがほとんどです。

(本文、終了)

★☆★東京~神奈川で物件を探しています。★☆★

gold

※追記:リフォームモニターは終了しました。※

リフォームのご質問・ご相談は、facebookのメッセージから受け付けます。 急ぎで作ったメッセージやりとり専用ページです。→【リフォームQ|facebook】 物件売却希望の東京~神奈川以外のかたは、今後は facebook リフォームQ へお願いします。 (2017/01/24)