リフォーム設計図―仕上げをリフォーム契約に忠実にさせる設計図

リフォーム工事設計図面がないまま施工させて大丈夫?

リフォーム工事が増改築を含む大規模改修だと、多額のお金が動き住宅ローンも公的融資などの審査が必要になるので、設計図面や細かい契約書などをリノベーション費用の見積りに了承した後に交わします。

買取契約のさい、細かく重要時呼応を説明する業者が一番。

しかし、リフォーム金額が200万円前後でリフォーム費用の支払いもクレジットカードや現金払いだったりすると、建築会社も(業者によっては)図面など作成せずに口頭契約でリフォーム工事を始めようとします。

しかし、口頭契約は文字通り、口約束。後で「言った言わない」のトラブルの元になります。トラブルになった時、お金を払う側で、家の中を工事で荒らされる発注者のほうが圧倒的に損だし不利です。

そうならないためにも、複数業者から相見積もりを取り、その時に、「施工の前に図面で設計プランを確認し、契約書を巻いてもらえますか?」としっかりたずね、「了解しました」というところと契約するのが良いと思います。

設計図書を元に調査・検査ーモニター募集の際も

設計図はその建築物の構造や形状を図で表したもの。仕様書は設計図では表現しきれない材料や設備の品質や製品名、仕上げの工法を解説したものです。

設計図と仕様書を合せて設計図書といいます。注文住宅も建売住宅も分譲マンションにも設計図書があり、それを見ると躯体の構造、配管・断熱・遮音等の設備状況が分ります。

リフォームモニター募集によって、リフォーム契約した施主さんも設計図や細かい見積書などの提出要求はしっかりと。

「モニターリフォームなんだからそんな手間かんべんしてくださいよー」なんていうモニター工事なら断るべきです。

改修図面や設計書を出せない、リフォーム会社の雇う職人

いい加減なリフォーム会社は、改修箇所を示した図面や設計書を出すのを拒みます。(リフォーム工事請負契約書は損害賠償予防のために超こまごました文字で書かれたキッチリした書類を書かせるワリに・・・)

なぜ、拒むのかと言うと〈怖い話〉ですが、「本当に図面も指示書も作らず行き当たりバッタリの作業をする」からです。

〔参考:再利用指示書=〈リノベーション任務遂行〉の筆頭的命令書

建替え・売却には地主の承諾が必要。

施主としては冗談だろ?って感じですが、ほんとです。

そして、いい加減なリフォーム業者の言い分はこうです。

「ウチは『職人気質』でやっているので、書面とか煩いコトいうと『職工』がヘソを曲げちゃうんです」

そして・・・この嘘に、施主さんの多くは、「ああっ、昔気質の会社なんだ・・・」とコロッと騙されます。

構造設計や耐震に昔の倍以上は神経質になった現代、ほんとの職人さんがキチンとした設計計画もなく、フィーリングで修繕施工するはずがありません。

リフォーム契約書と設計図―平面図・構造図・設備図

注文者・施主には、お金を払ってリフォーム業務を委託している限り工事を請負っている人に確認説明を受け、自分の思ってる改修契約と違えば変えさせる権利があります。

そして、自分の主張がボケてないか知るために、リフォーム契約書に付いてる平面図・立面図・室内展開図の他に、構造図・設備図も請求し、もらう権利があります。

ブツブツ文句言って急ぎ仕事されたらイヤだなと思い、施行状況を遠巻きに見ているだけだと欠陥トラブル〈発覚〉の時には住宅内部が滅茶苦茶で取り返しつかないハメになります。

工事前でも、途中でも気になることは全て要求して教えてもらうべきです。

〔参考記事:改修工事のトラブル相談1位!―リフォームの瑕疵担保責任

《下請けの一人親方》という登録制のフリーター

こういうウソをいう会社は、単に営業だけドンドンとってきて、下請けの〈一人親方〉達に適当に〔リフォーム作業〕を投げて、中間マージンをほとんど取って儲けています。

〈下請け親方〉とは、土木作業員やリフォーム工事のアルバイト経験があったところ、こういう営業会社がしている「一人親方大募集」の求人で応募してきた登録制のフリーターみたいな人です。

雇用保証もなく低予算で請負わされるから働かない

正社員ではなく、アルバイトでもなく、会社にとって都合のいい「個人請負い契約」の採用だから、「親方」と呼んでいるだけで、本当に大工さんの親方経験があるわけではありません。

彼らは、リフォーム会社から請負い賃料で雇われ、ハイエース等の車両は持ち込み、怪我した時の保証などありません。

建築現場の足場写真

そして、リフォーム会社に驚くほど低賃金というか低請負い料で改修工事をさせられるので、あまり細かいこと言うと「翌日から現場に来なくなる」んです。ここら辺はまったくフリーターのノリです。

〔参考記事:改修工事―竣工イメージを誇大でなく現実的に説明〔備忘録〕

数十万円~百万円近くとってアルバイト的な改修工事?

「そんな、プータローに改修工事やらして100万近く取るのかよ!?」と思うでしょうが、そうなんです。

リフォーム計画を出してこないリフォーム業者は、こんな感じでフリーター職人に成り行き任せで修繕のマネゴトをさせて、施工後の写真だけ撮影させ、後付けで工事理由を考えるから、先にそれを要求されるのを拒むのです。

kojichu-2kaidate

以上のような感じで、書類関係のいい加減な会社に修繕を委託してもロクなことがないことは分っていただけたと思います。

リフォーム図面は数値や明細の記載された書類を!

ここまで、読んでいただければ、リフォーム業者のいう――

「ウチは『職人気質』でやっているので、書面とか煩いコトいうと『職工』がヘソを曲げちゃうんです」

――が、どれだけ薄っぺらなウソか、理解してもらえるでしょう。

ともかく、リフォーム図面は、きちんと数値を入れてあり、細部の明細も書いてあること。設備機器の種類やスペックはカタログで貰うだけでなく、手書きのメモも貰いましょう。

パンフレットと建築完了後の自宅が違う!

因みに、設計図や計画書なしに改修工事をされると、竣工後に「注文と違う」とトラブルになる可能性が高いですが、建売住宅の新築引渡しでも、いいかげんな販売会社だと同じようなトラブルが起ります。

s_shorui-danjo

一戸建ても分譲マンションも、パンフレットには小さく「イメージです」という断り書きがあります。つまり新築建売住宅のパンフレットは「想像図」です。

建売住宅のパンフと現物の引渡された物件との比較をしたらキリがないです。パンフはあくまで〔建前〕、設計図・仕様書も場合によって、建て前にされることもあります。

設計図に忠実に建築していくのが監理者・職人の責務

建築物は工事前に設計図と仕様書を作成します。設計図は家の解剖図、仕様書は工事過程や原料資材名・マテリアル(材質)の明細です。

しかし現場状況で仕様と異なる仕上げにならざるを得ないこともあります。でも可能な限り設計図に忠実に建築していくのが監理者・職人の責務です。

そしてホントはパンフにも忠実であるべきなのですが、パンフに金をかける不動産屋ほど約束を護らないという事実があるんです。

〔参考記事:修繕トラブルは相見積書&念書要求=厳しい姿勢で予防する

注文住宅と欠陥住宅トラブル

リノベーション業者などは、大規模リフォームで今までの住まい以上の快適さを得られると〈イメージさせるためのツール〉には、カラフルなパンフレットなど余念がありません。

しかし、いざ工事に入ると建築士・工事監理者、そして営業マンも「プロの仕事に口を挟むな」という空気を漂わせ、施主は雰囲気に呑まれて、施工の流れをただ見つめるばかりになります。

欠陥トラブルは早期に指摘し補修

欠陥トラブルも、施工途中に気がついて指摘すれば「無視」する業者は少ないです。そして、手抜き箇所が1つ見つかったリフォーム工事では、調べれば他にも不良箇所が出てくるものです。

だから、気がついた点は少しでも早く多く、リフォーム会社の担当に電話とメールでせっせとクチ出しすべきです。

こちらが気になる点を指摘し、情報開示を求めているのに関わらず、リフォーム業者がドンドン施工を進めてしまうなら、うやむやにする可能性も考え、弁護士さんを入れることも考えたほうがよいです。

(本文、終了)

★☆★東京~神奈川で物件を探しています。★☆★

gold

※追記:リフォームモニターは終了しました。※

リフォームのご質問・ご相談は、facebookのメッセージから受け付けます。 急ぎで作ったメッセージやりとり専用ページです。→【リフォームQ|facebook】 物件売却希望の東京~神奈川以外のかたは、今後は facebook リフォームQ へお願いします。 (2017/01/24)