ボロ家リフォームDIY費用=古寂れた自宅を自分で修繕・改装する料金

ボロ家と呼ばれるほど古び老朽した自宅を、【DIY=自分で改修】し、費用を抑えるため、考えたことをまとめたページです。家の処分でお悩みの方は、文末の【処分をお考えの方】をご参照下さい。

ボロ家リフォームDIY

ボロ家リフォームをDIY作業で行うときの費用について考察したことをまとめます。

ボロ家リフォームが必須なのは水周り(キッチン・トイレ・バス)の故障箇所のみです。
水周りの故障を放置すると、そこから湿気その他、ボロ家をさらに腐朽させるような悪循環になるためです。

DIYで金槌を使う挿絵

しかし、躯体に影響を与えない部分の些細な劣化に関しては、【DIYせず現状のまま使い切る】という選択肢もあります。
自分で修繕・改装を行う【DIY=Do It Yourself】も、作業には自分自身の時間を自分の為に切り売りするわけで「無料=タダ」じゃないわけです。
リフォーム用資材も拾ってくる以外は、何かしら費用(原価)がかかっています。
ボロ家リフォームをする対象つまり自宅の老朽化との費用対効果を考えてDIY計画を練り、あと10数年しか住まないのなら、【リフォームはやめておこう】という道も考える必要があります。

「自分でリフォームするDIYだから人件費がかからない」「自分でやれば格安リフォームが可能だ」というのが、多くのDIYする人の認識です。
しかし、自分でやっても原材料費はかかります。
DIYでやっても、ムダな箇所の修繕にかけた原材料費は無駄金になってしまいます。

相即したボロ家をリフォーム?

DIY、つまり工作・物作りは、なまじっか楽しい作業なので、ボロ家リフォームのDIY工事が、必要事項なんだか趣味なんだか分らなくなり、結果、やたら金をかけてしまったということもあります。

相続して住む予定のない我が家、盆暮れしか帰省しない親の思い出しかない建物に、お金をかける必要性は少ないです。
同じ相続物件でも、賃貸にして収益を図る「ハコ」を高家賃にするために改善するボロアパートDIYとは対照的に、戸建てのボロ家は節約をなにより先に考えた方が損がありません。

ボロ家リフォーム費用

リフォーム業者に委託する場合もDIYも、リフォームには原価費用がかかります。
あと10数年しか住む予定のないボロ家の中古住宅リフォームDIYは水周りだけでいい、と冒頭に記したのは、他の部分はあえて費用をかけてもしょうがないと思うからです。

修繕しなくても、見た目以外さしつかえない部分は、リフォームせず放っておいてもいいでしょう。
耐久年数はさほど変わりません。

ボロ家リフォーム費用は、【やるなら一気にリノベ】する方が安上がりです。
相続や実家への出戻りで、これから住んでいく古寂れた我が家を見回して、リフォームしたい場所が4つも5つもあったら、自分で修理するより業者に丸ごとリノベーションを委託したほうが失敗・間違いがなく、時間的にも手っ取り早くて「安上がり」です。

高齢者狙いの次々リフォームのように、アチコチちまちまリフォームすると、トータルの一戸建てリフォーム費用は相当高額になります。
それよりは、まとめてリフォームする方が、マシという意味です。
ただし、ボロ家リフォームは、将来の居住予定年数や利用目的を考えて、費用対効果をシビアに考えなければなりません。

パイプ修理をするイラスト

ボロ家をリノベしても価値は同じ

リノベーションをするのなら、最低15~20年は自分自身が腰を据えて居住し、使い古すつもりでないと勿体ないことになります。
まして、売却を前提にリノベーションするのは、リフォーム業者を儲からせるだけで、損失に近い無駄を自ら選択することと同義です。
一戸建て住宅なんてものは、新築そっくりにリノベーションしても、築30年の築古物件であるという事実は変えようがありません。価格査定において、【築30年建物としての評価】を受け、損した気持ちになることは確実です。

さすがに、トイレの便器が使用感タップリに尿石で黄ばんでいたり、風呂場が黒かびで薄暗い、なんてのは、中古住宅としての商品価値を放棄したようなもので、購入希望者が現れませんから、最低限のクリーニングは必要です。
しかし、クロスの汚れや床の軋みが気になる程度のことで、売却前のボロ家にリフォーム費用を投じることは、資金の無駄以外のなにものでもありません。
それより、現状有姿売買で、複数業者に相見積もりを求め、高額買取業者を選ぶのに時間を費やすほうが現実的です。

自分で改修繕する意味

ボロ家リフォームDIY、つまり古寂れた自宅を自分で改修する意味は、修繕費用の節約という点にあります。
なので、楽しくDIYできて仕上がりもそこそこならOKでしょう。

初めてのDIY作業は仕上げの見た目も悪いので、いきおいインテリアリフォームについての施工になります。
下手に外装リフォームをDIYでやると失敗するので、外装には手をつけず、内装だけやるとしても、【やらない方がマシ(リフォーム費用が無駄)】という選択肢もあることを踏まえて、最低限のところだけリフォームする方がいいでしょう。

自分で改修繕することは、リフォーム業者に頼むより、自由度や好きな時にできる時間制約のなさが(費用面よりも)メリットです。
また、リフォームしてみた出来栄え・結果を検証して、何度もやり直せる点もメリットです。
クロス張替えリフォームなんかも、自宅室内のことですから、人目を気にせず何度もやり直しが効く点で、自分で作業するのに向いています。

DIYが人気なのは、ネットでリフォームテクニックが公開されまくっていて、一般の人が、「これ、自分もできるんじゃね?」と【気づき】、実践し始めたからです。
やる気があれば「自分でできる」のは、リフォームに限りません。
家自体を建てることも、電設その他、法律的に資格がいる部分以外は、ネットやDIY書籍で研究すれば、自分でできます。
千葉県の外房辺りに移住するロハスで元気な若者達が自分で家まで建てて住んでいる、という逞しいニュースがたびたび流れることからも、DIYで家まで建てられることへのハードルが下ったと言えます。

また、不動産にまつわる法律手続きも、土地家屋調査士の仕事は複雑ですが、司法書士のやる登記手続き等は時間があれば、所有者自ら【DIY登記申請】して費用を節約することは、簡単です。
つまり、DIYせずに「業者に頼む」ことは、時間を買っているに過ぎないことであり、費用を節約することは自分で作業することでいくらでも可能です。

賃貸のためのリフォームDIY

家を貸したい、という目的があり、なるべく高く貸すための手段として、ボロ家をリフォームDIYする家主さんはたくさんいます。
しかし家を貸す【カテゴリー】によっては、リフォーム費用を無駄にするケースもあります。

シェアハウスやゲストハウスとして貸したいなら、ソコソコの機能を装備し、入居希望者の御メガネに叶うようリフォーム費用をかける必要があります。
しかし、一戸建ての中古住宅を貸し家とするのなら、DIYリフォームするまでもなく、現状のまま妥当な価格で貸し、リフォームDIY作業は入居者に任せればいい、それが最近のトレンドです。

ボロ家処分をお考えの方

実家売却その他【不要な自宅を処分するのにリフォームしなきゃ】と考えてこのページを検索して下さった方へ。
リフォームをDIYでするのにも費用がかかります。

売ったり貸したい場合、一度、ご相談下さい。

シェアビジネスに転用するため、首都圏近郊で物件を探しているため、老朽家屋であっても、場所により高価で購入、もしくは賃借いたします。
以下の、【難物件、買い取り受付】の画像をクリックし、お申し込みください。

★☆★売却困難な不動産の買取を行っています★☆★

gold