任売業者にマンション売却相見積もり―複数任売業者から買取査定をもらう

任売業者

任売業者任意売却専門業者)は、裁判所の競売にかかった多重債務者の窮状を救ってくれるありがたい存在です。但し、競売前になってドタバタ申し込むとありがたくない結果に終ります。

競売直前に任意売却を申し込めば、任売業者としても買取リスクを正確に評価するヒマもなく大ざっぱな査定しかできず、当然、最低価格で買わなければリスクを回避できないからです。

任売業者もビジネスであり、多重債務の辛さに同情してばかりもいられないのです。

メリットを計算する電卓の写真。

マンション売却相見積もり

中古マンションを任意売却した人の多くが「任売でも高く売れると思った」と後悔します。

〝 購入時、一戸建て住宅よりも人気で、客同士が抽選で競合してたこのマンションなら任意売却でも高値売却できるはず…… 〟

みたいな思いがあるようです。

しかし、「任意売却で物件を売る」と言っても、一般消費者が借金流れのマンションを購入してくれるわけじゃありません。

競売前の「カネに忙しい」人が所有している信頼性の薄い物件を、普通の人が良心的価格で購入してくれて借金を整理してくれるような不動産個人売買の市場がどこかにあるのとも違います。

裁判所の競売流れに陥る前の慌しい物件を購入してくれるのは任売業者です。しかし、任売業者もリスクの高い多重債務案件を正当な価格で評価査定してたら商売になりません。

安価で買い取らざるを得ませんから、一般の中古市場では売買しやすく高値の期待できるマンションも任売業者に買取ってもらうなら、思うような値段にならず、当然なのです。

マンションを任売する時とるべきだったのは、マンション売却相見積もり複数任売業者に依頼することでした。

直床と任売業者の格安買取価格提示

今まで自分で住んできて気がつかなかったのに、任売業者への売却手続きにいたり、所有するマンションが標準以下のシロモノで買い手のつき難い訳あり物件だったことを知るオーナーは多いです。

マンションの階高が平均以下であり、それを補う(天井高の高さを稼ぐ)ために、二重床にすべきを直床にしている物件が存在します。
二重床と直床だと、どれだけ騒音トラブルの防音効果において違いがあるかは、前述のとおりです。

マンション売却見積りで、複数の任売業者から予想外の低い買取価格を提示され、驚かれる人もいます。
原因は【施工者の容積率稼ぎ】と、それによって直床にされたことによる消音効果・防音対策の「低さ」が格安買取価格に反映したものなのです。

任売業者 買取価格

ほんとの意味での任売が成立するのは、親子・親戚間くらいです。

でも競売前になって忙しく任意売却を引受けてくれる親戚がいたら、そもそも差押が入るまで借金返済を放置したりはしないでしょう。

そしてまた、中古マンション購入手続きに、「借金支払いでトラブっている人と取引する」ような奇特な一般消費者もいません。任売業者が買い取りするだけです。

任売業者の買取価格はボランティアじゃないから、「借金を清算できる買取価格」ではなく、借金額に関係なく買取って利益の出る金額しか査定できるはずがありません。

質屋でブランド品を換金するより細かく、任売業者に物件の瑕疵(契約不適合)を調べられ査定され、不条理な価格で家を手放すことになります。

査定が厳しいのは、任売業者が悪徳だからじゃありません。

質屋や車・バイク業者は、買取ったブランド品や車両を業者間のオークションで手軽に売却できます。

対して不動産は、売れ筋というイメージの強い東京都内や横浜・川崎などのマンションであっても、右から左へ売買できるような手軽な商品ではないのです。

横浜みなとみらいの高層マンション

マンション価格見積もり

任売業者も数年間の売残りリスクを考えて、自己資金の目減りや(不良物件を多数抱えた時の)倒産まで計算して査定しなければなりません。

よって、競売前になるほどリスクを抱える分、マンション売却相見積もりの査定額は下がります。

不動産は売るに売れない商品の代表です。まして任売物件は事故物件・訳あり物件の類として扱われ、「汚く荒っぽく使用された中古物件イメージ」が強く、業者間でも安値取引です。

任意売却活動は、破綻に至るだいぶ前、住宅ローン支払い遅延に陥る前から任売の準備をしてないと無理です。

・・・「任売の成功者」は、みんな最低1年くらい前からしています。

自分の借金の重さと、マンションの売却見積もり査定額を比較検討して、売却後の残債や税金支払い、引越しスケジュールを計算・・・なんて、住宅ローン返済が辛くなった頃からウスウス考えます。

それができずに、最悪のシナリオになってしまったわけですから、理想は追わず、現実の危機を解決する必要があります。

そのための「任売業者選び」として、1社だけの買い取り査定価格だけで安心しないことです。

できるだけ多くの地元任売業者や、自宅住所地を買取エリアに指定している任売業者に査定を依頼し、マンション価格見積もり相見積書をもらうことです。

複数任売業者に依頼

住宅ローン支払いに詰まる前から任意売却の計画しとけば余裕もあったでしょうが、そうでないから今があるわけで、1社だけ申し込んで、その「査定価格で安心」しないで下さい。

査定価格は業者にとっても「参考価格」であり、買取するつもりの値段ではないのです。

「任意売却での買い叩かれ」は任売業者へのアプローチが遅かったことが原因です。

早くから相談しておけば、「任売物件=借金整理の不動産売買」ではなく、単なる中古不動産の売買ですんで、高値売却が実現したはずです。

査定が厳しいのは、「抵当権一杯の借金のついた不動産は手間ひまかかるし、買取っても転売可能性が少ない」からです。

その物件を抱えている間に自分が金利を負担しているのと同じなわけで、シビアに計算せざるを得ないんです。

複数任意売却業者に依頼しそれぞれ問い合わせ、メールで1社1社「相見積り」をお願いすれば、どの任売業者の買取価格が不当にボッタくられているかが見当つきます。

一括見積もりなどのサービスもありますが、できるだけ多くの単独の不動産会社にメール問い合わせするほうが、さまざまな情報が分りますし、価格比較もしやすいです。

競売まぎわで焦っている人ほど、複数の会社を比較することが大事と思います。

(本文、終了)

★☆★東京~神奈川で物件を探しています。★☆★

gold

※追記:リフォームモニターは終了しました。※

リフォームのご質問・ご相談は、facebookのメッセージから受け付けます。 急ぎで作ったメッセージやりとり専用ページです。→【リフォームQ|facebook】 物件売却希望の東京~神奈川以外のかたは、今後は facebook リフォームQ へお願いします。 (2017/01/24)