布基礎工事=布基礎ベタ基礎のメリットデメリットを考査して工事する

布基礎とは?

布基礎とは、一戸建て住宅が建てられる工事現場において、建物が建つ前の地面に迷路状に敷き詰められた凸状のコンクリートのことです。

あの工事現場の地面に敷かれたコンクリートは、一見、四角の大きなブロックが並べ積まれているようですが、よく見ると、一つ一つが凸状ブロックです。

それを建築予定建物の外周に沿って、または骨組み・間取りに忠実に密接に並べることで、一つのコンクリートの地盤のように見えるのです。

アパート基礎、地盤改良、写真。

建築用語は言葉だけでは想像つかない的外れで分りにくい単語が多いです。

〈布基礎〉というから、基礎に布を使うのか(地面にまず『布』を敷き詰めるのか)とふつうは想像しますが、そうではありません。

布基礎の『布』とは、『水平の連続状態』という意味です。この基礎が水平に連続しているから、水平基礎という意味で、布基礎と呼んでいます。

布基礎工事

基礎とは、建築物を支える主要な下部構造つまり土台を意味し、地盤と建物の間にあるコンクリート部分を指します。基礎工事とは、その土台工事です。

住宅トラブルにおいて、建物自体・建具の不調整などは補修や取り替えが可能ですが、基礎工事の欠陥は建て替えまで必要になる位、基礎部分は重要です。

基礎の不良は事故物件としても商品になりません。基礎は建物のうちで最重要な箇所だといえます。

一戸建て住宅には、直接基礎(布基礎・ベタ基礎)と杭基礎があります。

直接基礎は建築工事に適した地面であり低層住宅の建築に用いる基礎工事、杭基礎は軟弱地盤に地下深くの硬質の支持層まで杭を打ち込んで建物を支えます。

直接基礎工事は、地縄を張り地面を掘り起こし、地底に割栗石等を敷きコンクリートを流し込みます。直接基礎には布基礎、ベタ基礎があります。

布基礎工事とは、凸型のコンクリートを敷き詰めて水平基礎を作る工事だから、布基礎工事と呼ぶわけです。

布基礎の元になる凸型のコンクリートは、底の広い方が宅地の地面の中に埋めてあります。凸型だから単なる棒状のモノと比べ、地面の土を噛んで一個一個が倒れにくくなります。

そして、その凸型コンクリが並ぶと、頑強な土台として建物を支えられる構造になるのです。因みに単にコンクリを並べてあるだけではなく、コンクリ間を鉄筋を用いて補強されています。

布基礎ベタ基礎

布基礎は木造一戸建て住宅の基礎工事として、日本中で利用されていました。しかし最近では「ベタ基礎」のほうが多くなっています。

ベタ基礎を使う理由は、強度が優れているからだといいますが、適切な地盤改良を行った造成地や地盤が頑強な地域の宅地ならば、布基礎でも十分対応可能です。

また、湿気対策としては、布基礎プラス防湿シートなどでもベタ基礎同様の効果を得られます。

ベタ基礎とは、個人用住宅建築としても、布基礎に比べ地耐力が不足している地盤などに不同沈下防止のため用いられる基礎工事です。建築物の直下全面を板状の鉄筋コンクリートにします。

元は2×4住宅に用いられていたものです。最近は防湿効果も兼ねてベタ基礎を採用する建築新工法が多いです。

布基礎ベタ基礎の違いは一目瞭然です。布基礎は上述の通り、宅地上に砕石を敷き詰め、捨てコンクリートを敷いて、その上に凸型コンクリートを敷き詰める水平基礎工事です。

ベタ基礎は、建物床下全てをアンダーボルトの入った鉄筋コンクリートで固められています。

布基礎・ベタ基礎を比べると布基礎の見た目はベタ基礎より鉄筋コンクリートの配備が少なく見え、そのビジュアルからベタ基礎のほうが頑丈そう、というイメージが定着しているため、布基礎ベタ基礎の優劣ではベタ基礎の勝ちという固定観念ができているのです。

しかし実際は、住宅施工法によって布基礎ベタ基礎のどちらかが選択され、コスト面でベタ基礎にメリットを認められているだけです。住宅品確法など法律において布基礎ベタ基礎の規定があるわけでもありません。

そして、国内で消費者需要の多い一戸建てにベタ基礎が採用されているからベタ基礎が主流に見えるだけで、布基礎ベタ基礎にスペック的な優劣はありません。

布基礎メリットデメリット

木造でベタ基礎が主流な理由の1つには、ベタ基礎は工程が少なくて済むメリットがあるからです。布基礎工事は床版コンクリート打診→立ち上がりコンクリート打診→床下防湿コンクリート打診と3工程あるのに対し、ベタ基礎は床版打診が防湿コンクリート打診を兼ねられるのです。

建築工事の手間が布基礎工事のほうが1工程多いことが布基礎のデメリット、ベタ基礎のメリットと定義付けられているのです。

つまり、布基礎のデメリットと言われるのは、施工者のコストパフォーマンスだけをもってメリットデメリットと分別しているだけで、機能的な格差があるわけではありません。

立ち上がりの主筋を太く床版配筋がしっかりしていれば、「多工程で丁寧な基礎工事が布基礎のメリット」と言い換えることもできるわけです。

また逆に、新築手抜きされる原因は業者の原価削減意識ですから、布基礎とベタ基礎のメリットデメリットの違いを理論的に説明せぬまま工事に入る業者は危ないのです。

鉄骨プレハブ建築においては、布基礎のメリットが高いことを認めているからこそ、「鉄骨プレハブ基礎形状=布基礎工事100%」というシェアを確立しているのです。

基礎工事トラブルの画像。

耐震基礎

耐震基礎工事とは、建築物の基礎を耐震性にする工事です。

元々、地耐力の弱い地域の住宅密集地に建築された中古住宅を耐震化する場合、リフォームやリノベーションでは、外枠だけ強固にして地盤や躯体は軟弱なままになり、耐震化効果が上るとはいえません。

そういう場合は、思い切って建物を解体して建替え、再建築をして耐震性能を備えた基礎工事からやり直す必要があります。

それほどでもない場合は、インスペクションの意味で基礎部分を精査し、劣化やクラックを探し、その部分を改修工事します。

劣化が少ない場合、エポキシ樹脂注入などで応急処置し、布基礎自体が劣化している場合、耐震補強工事をします。

基礎パッキングとは、床下換気の確保のために、基礎と土台の間に緩衝材として硬質ゴム製パッキング材をはさみ込む工事です。

基礎パッキングは数十センチの間隔で設置するので、床下換気口に比べて高い通気性を確保します。基礎パッキンにより床下の湿気を防ぎます。

(本文、終了)

★☆★東京~神奈川で物件を探しています。★☆★

gold

※追記:リフォームモニターは終了しました。※

リフォームのご質問・ご相談は、facebookのメッセージから受け付けます。 急ぎで作ったメッセージやりとり専用ページです。→【リフォームQ|facebook】 物件売却希望の東京~神奈川以外のかたは、今後は facebook リフォームQ へお願いします。 (2017/01/24)