リノベーション費用一戸建て=一軒家リノベーション費用内訳の意味

戸建てリノベーション費用

リノベーション費用(一軒家まるごとリフォーム費用)は、単に故障箇所を改修するだけの部分リフォーム工事と違い、諸経費雑費が多いです。
一戸建て中古住宅のリノベーション費用には建物の躯体(枠組)を残して、すべて解体撤去する解体費用、解体した廃材を処分する産業廃棄物処理費用も含まれます。

建築申請の図面イラスト

老朽化した戸建て・一軒家を、躯体以外は丸ごと撤去・廃棄し、そこに新装の戸建てを蘇らせるため、新しい資材を運び込んできて組み立てる、という新築より多い手間ひまをかけるので高額になるのも当然です。
一軒家リノベーション費用は、【キッチンリフォーム=『電化』への交換】や【ユニットバスリフォーム】等の単純な入れ換えリフォーム費用と比べると、非常に割高に感じます。
一軒家を丸ごと新築しなおす★建て替え費用のほうが割安なんじゃないかとさえ思えます。

中古一戸建て住宅のリノベーション費用の内訳は、単なる【部分リフォーム】にはない工事のオプション費用が発生します。諸費用内訳を知っておくと、依頼したリノベーション費用・一戸建てぶんの見積もりに驚かされずに済みます。

リノベーションとリフォームの違い

リノベーションとリフォームの違いは、戸建て・一軒家の建物全体を改修するか一部を修繕するか、つまり改修規模の違いです。
一般的にリノベーションの意味は、大規模改修・大規模リフォームといった家を丸ごと改修し、見かけを刷新させることを指します。

リノベーションとリフォームの違い(全改修≠部分改修)の最たる点は、リフォームローン審査など、その中古一戸建て住宅の修繕施工にまつわる融資や、工事自体に許可がおりるかの確認検査が、面倒か否かというところです。

一戸建て・一軒家のリノベーションであれば、激安・格安施工の業者でも、おおかた費用1,000万円は下らないものです。
その大規模工事のための施工費用は、融資・借入で賄うケースが多いです。そして、銀行や公的融資も信販・クレジットも1,000万円単位のローン審査は小口融資と違い、かなり厳しいものです。

また、このリノベーション規模の工事になると、小規模なリフォームと違い、建築確認が必要です。
対して、リフォームであれば、リフォームローン審査も通りやすいし、費用が2~300万円程度なら、借り入れせず、自分の預貯金で支払う施主のほうが多いでしょう。
500万円以下の工事なら、格安が売りの腕前の分らないリフォーム屋に気軽に頼めるし、リノベーションと違って、確認審査もありません。資材だけ購入して自分でリフォームする人さえいるほど敷居が低いです。

しかし、いったん工事を業者に委託すると決めたら、リノベーションでもリフォームでも工事契約締結前には、複数業者から相見積書を取るべきである点は違いがありません。

相見積もりとは – 日本語表現辞典 Weblio辞書

相見積書でリノベーション費用の中の「諸経費内訳」など明細を説明して貰い、業者ごとの違いを判断し、リノベ費用内訳で納得のいった業者に発注しましょう。

やたら安くても、費用明細が不透明や大ざっぱな業者は、リフォームトラブルを多数かかえた厄介者の可能性が高いです。

〈工事費用一式○○万円〉といった大ざっぱな概算を出す業者は止めた方が無難、という意味でもあります。

リノベーションの意味

リノベーションとは、建物の骨格や枠組だけ残して全改修するため、大規模リフォームともスケルトンリフォームとも呼ばれます。

リノベーションという単語は、リフォームとイノベーションを組み合わせた造語です。リノベーションの意味は、革新的なリフォームをするという事(イノベーション的なリフォームの意味)になります。

革新的というと、奇抜な設計・工事を想像しますが、リノベーションの意味する革新とは、【刷新する】、見た目を完全に【真新しくする】ことです。
一時に施工せず、部分部分を細かくリフォームし、全体的にスッキリ新装する瞬間のない、普通のリフォーム工事と比較し、一発で新品に生まれ変わるという点を強調して、リフォーム・イノベーションと表したわけです。
リノベーション費用の意味は【一戸建てフルリフォーム費用】と同義です。

リノベーション – Wikipedia

計算をするイメージ写真

一軒家・戸建てフルリフォーム費用

リノベーションとリフォームの違いは上述の通り【一戸建てフルリフォーム費用】と同義ですが、リノベ・リフォームにも種類が複数あって、その費用も千差万別です。例えば、「介護リフォーム」と一言でいっても、複数のレベルに分かれます。

要介護の認定を受けて介護保険の範囲内で行う介護認定リフォームは、公的資金による助成の金20万円での小規模なリフォームです。

対して自費で多くの箇所をかなりリノベーションに近いレベルで丸ごとリフォームし、伴って細かい修繕まで行うバリアフリーDIYがあります。

また、高齢者リフォームを高齢者自らが行う以外にも、その子が施主となってリフォームやリノベーションを発注するケースも増えています。

離れて暮らす子息が発注する「親の家リフォーム」というジャンルも確立されてきています。

リノベーション費用の諸経費内訳

リノベーション費用の見積書には、材料・数量・工賃・消費税・経費が明記されます。

リノベーションはスケルトンリフォームともいい、〈スケルトン=骨格〉だけのこして大規模改修するわけなので費用がかかります。

良いリノベーション費用の見積書は、諸費用内訳の中で材料の仕様につき詳しい記載があり、依頼した業務と一致しているか「施主に分ること」が必要です。

数量や経費・雑費について細かく書かれていない見積書はちょっと施工レベルに不安が残ります。

住宅リフォーム紛争処理支援センター

リノベ業者が提示した改修価格が適正か、住宅雑誌やネット、ショールーム等に行って調査するくらいの時間的余裕を与えてくれる業者は優良、「安くするからスグやりましょ」という業者は怪しいです。

因みに国交省所管の〈住宅リフォーム紛争処理支援センター〉では、リノベーション費用について、実際の見積書を郵送やファックスで送って相談すると無料でチェックしてくれるサービスがあります。

安心リフォームのために – 住宅リフォーム・住まいるダイヤル

一軒家リノベーション費用

一軒家・戸建てのリノベーション費用は、配管・配線工事が大きなウェイトを占めます。

一軒家・戸建ての住宅は「所有地」から外は隣家か公衆地帯ですから、公道への配管・配線などのインフラ費用が全て自己負担です。

マンションは共用部分という共同所有者で共有し費用負担しているため安上がり。それに比べると一軒家・戸建てリノベーション費用は改修工事にまつわる諸経費が嵩むのです。

また、同じ規模の一軒家・戸建てのリノベーション費用としても、インフラの整った東京都内の人口密集地域の住宅街と電気水道を1から引かなきゃならない田舎暮らしとでは設備投資がかなり違います。

リノベ費用で戸建て・一軒家は割高

リノベーション費用において、一戸建ての給排水で公共部分からの接続に〈変更〉を加える場合には、更に工事費用が嵩みます。

給排水管の太さを旧タイプから現行タイプに〈サイズアップ〉するなら、建物から敷地内を通り公道の本管に接続する全取替え工事が必要になります。

戸建て・一軒家のリノベーション費用の相見積りをとる時に、見積り費用を安く見せるため故意にこれらの重要工事部分を省略して見積りする業者もいるので注意が必要です。

また、旗竿地や袋小路を共有している家や、囲繞地通行権でもっている家などは、隣地の承諾が要るなど面倒が多いことが、マンションに比べリノベーション費用で一戸建てが高く付く理由といえます。高齢者リフォームマーク

一軒家リノベとマンション費用内訳

リノベーションをかけるにも戸建て・一軒家住宅と分譲マンションでは、改修に気遣うポイントも工事内容も異なる点が多数あります。リノベでなく自分でDIYするにも戸建て・一軒家とマンションでは手間ひまが違います。

中古住宅リフォーム

中古住宅リフォームDIYとはリフォームを自分でする日曜大工を意味します。このページでは、diyの意味・内装・改修の意味など中古住宅DIY・内装DIYに関して解説しています。

マンションリフォーム

マンションリフォームDIYとは、家リフォームを自分でやりたい日曜大工ファンが中古分譲マンションを購入後DIYリフォームするものです。DIY物件とは自分でDIYの可能な未リフォームの賃貸物件を意味します。

戸建て・一軒家は全て自己所有権ですから敷地内なら勝手に何でもできますが、マンションではリノベーション工事に区分所有法と管理規約による制約があります。

しかし、戸建て・一軒家はリノベーションするとなると骨組み残しての大工事になり、足場を組んだり工程も多く、建物の中の自己所有分だけ改修するマンションより諸経費の内訳が多岐に渡り面倒です。

戸建て・一軒家のリノベーション費用は本格的にやろうとすると新築費用に近い金額になりますが、マンションリノベーション費用はさほどでもない点で異なります。

一軒家と一戸建ての違い

ところで、家を丸ごとリフォームする費用を見積もるさいに、消費者側は【一軒家リノベーション費用】と検索することがあります。しかし、リフォーム会社側はお客さんに「一軒家をリノベーションしたいんです!」と依頼されると、一瞬、考えてしまいます。

一軒家と一戸建てという言葉の認識の違いが消費者と業者だと異なるからのようです。
「集合住宅」に対比する反意語としての意味(1棟の建物に複数戸ではなく、一戸の家庭だけ居住)としては、一軒家も一戸建ても全く同意です。
しかし、住宅用語としての使い方では、少々違った意味になります。

一軒家という言葉は、昔からある言葉です。
江戸時代など、庶民の住む家は落語でよくある連棟式の長屋、関西でいうところの町屋・文化住宅でした。
一階建てのタウンハウスのような建物に、各住戸・家族が壁を隔てて、1つの建物内で隣り合せに居住していました。この長屋に対し、町内でも自営業で儲かっている家や街から外れた農家の田んぼの真ん中なる一戸だけで独立している建物を指して特別に一軒家として呼ばれていました。

リフォーム業者をはじめ、建築・住宅業界では「一軒家」という言葉はほとんど使わず、「一戸建て」という事場を使います。
なので、消費者から「一軒家をリノベーションしたい」と言われると、イメージ的に市街地の一戸建て住宅ではなく、「田舎の田んぼの中にある一軒家の農家」を想像してしまうというタイムラグが起るのです。

「一戸建て」は、現代の建築・住宅用語であり、正に、一戸で独立した建物を意味します。
この集合住宅とは違う建物であるという点で、一戸建ても一軒家も同じであり、また二世帯住宅の建物も(及び1階をテナント貸ししているタイプの『3階建て』二世帯住宅も)、複数戸であっても、「一戸建て・一軒家」の方に分類されます。
人によって、「二世帯住宅は一軒家ではあるが一戸建てではない」と解釈する向きもありますが、法律的に厳格な規定がある訳でもないので、どうでもいい識別だといえます。

一軒家・一戸建ての改修諸費用内訳

リノベーション費用の内訳には大きく分けて〈諸経費〉と〈雑費〉があります。諸経費は管理費と言い換えることもできます。これは、戸建て・一軒家もマンションも同じです。

諸費用内訳が20%とか26%とか、パーセントで書かれている見積書があります。しかし、本来、諸費用内訳はリノベーション工事の細目を示すものなので「%」で表記する事はあまりよろしくない事です。

諸費用内訳には、工事現場で発生する人件費・車両のガソリン料金、駐車場代・印紙代や建築工事保険などの保険料が書かれます。

工事予定期間に必要な車両台数や搬入の経路と駐車場、作業員の人件費など予測して諸経費内訳をまとめます。

houseillust

「管理費用」として2割くらいというのが一般です。小規模なリフォームには管理費用がないのが、リノベーションとリフォームの違いになります。

リノベーション経費と施工価格相場

リフォーム諸経費の雑費は、工事で使う材料のオプションです。

木材は木材、タイルはタイルと見積書に記したとしても、それを接着する〈接着剤代X円〉〈コーキング材代Y円〉〈補修のパテ代Z円〉なんて細かく記載するとややこしくなります。

これらの細々した材料オプションをまとめてリフォーム諸経費雑費と一軒家リノベーション費用の諸経費内訳に表示します。

(本文、終了)

★☆★東京~神奈川で物件を探しています。★☆★

gold

※追記:リフォームモニターは終了しました。※

リフォームのご質問・ご相談は、facebookのメッセージから受け付けます。 急ぎで作ったメッセージやりとり専用ページです。→【リフォームQ|facebook】 物件売却希望の東京~神奈川以外のかたは、今後は facebook リフォームQ へお願いします。 (2017/01/24)