賃借権売買・底地買い―賃借権の売買不調で資金があれば自ら底地買い

底地買い

底地を相続したが賃借賢者が強硬そうで第三者から疎まれ、底地売買が成立しなかった地主さんがいました。

底地買いを頼まれましたが、予算が合わず買取交渉は終りました。賃借権の売買取引においては、借地権物件の購入は盛んですが、底地買いは低調です。

地上権、土地の賃借権、使用貸借権の区分

「賃借権」は、ある物を賃料を支払って使用収益できる権利

賃借権解説|国税庁

底地買いは借地権買いに比べ魅力薄

借地権付建物、住宅街の写真。

底地買いが低調な理由は、借地権は土地を支配する権利であり購入に旨味がありますが、支配されてる底地の購入は買っても賃借権者にゴネられてまともに明け渡しが成立する事も少なく、不動産投資としての魅力が0円に近いからです。

賃借権者への立ち退き料を考えると底地の価値はゼロどころかマイナスともいえます。

底地買いを嫌気する賃借権の売買市場

賃借権の売買は底地売却を希望する人が多く、底地買いを生業とする専門業者にとっては物件を選び放題で良い世の中です。

底地買い専門業者以外の買取業者は、マスコミのブラック地主―底地ビジネスといった底地所有者を悪者にする偏向報道に、嫌気がさして底地買いを手控えているからです。

賃借権売買

ところで賃借権者には、借地権価格の高額な東京都内で借地が重宝された時代に、相当に高値の賃借権売買価格にもOKを出さなかった人が多く、彼らには今、高齢化の波が押し寄せてきています。

いつまでも東京都内の借地にいるより、借地権売却を成立させ広く安全な田舎にリタイヤを考える人もいます。

東京都内や横浜川崎の賃借権売買の必要

冒頭で底地買いは低調だが、借地権売買は盛んだと書きました。とはいえ、賃借権の売買価格は安値取引が多いです。そもそもの借地相場が下っています。

借地相場すなわち賃借権の価値が低くなった理由は、東京都内や横浜・川崎でさえ、「空き家」が増加し、賃借権の必要性が低下しているからです。

賃借権売買不要で都内・土地建物の取得

空き家対策法に基づく空き家条例に積極的な足立区や世田谷区、大田区のみならず、人気エリアである都内23区や横浜にも空き家が増えてます。

これは、わざわざ高額借地権買取などしなくても物件は溢れており、昔に比べ、土地建物の取得が賃借権売買に頼らなくても可能になった事を意味します。

賃借権の売買取引

賃借権売買の需要が減り、賃借権の売買取引が安値でしか成立しなくなりました。高齢化した賃借権者は、自分と同じくらい老朽化した借地建物を持て余しています。

借地権を最高額で買取ってくれるのは、その土地所有者である底地人・地主です。買取業者に依頼するより、底地人に借地権返還を申し出るほうが高値が付きます。

借地権課税の税務

借地権が課税される機会としては、借地権設定の時、更新・更改の時、借地権を譲渡する時と借地返還の時に発生します。

借地権課税の税務|中小企業基盤整備機構

底地買いで自分名義土地建物の一括売却

底地人も「借地権交渉付きの土地」の処分に困っています。借地人の賃借権返還により「自己借地権」として借地権が消滅すれば、まともな土地として売却できるので喜びます。

財布の中身がないのは将来が無いこと。

底地人に資力がなく借地権者に余裕があれば自ら底地買いをして、自分名義の土地建物として一括売却すればハッピーリタイヤが可能です。

(本文、終了)

★☆★東京~神奈川で物件を探しています。★☆★

gold

※追記:リフォームモニターは終了しました。※

リフォームのご質問・ご相談は、facebookのメッセージから受け付けます。 急ぎで作ったメッセージやりとり専用ページです。→【リフォームQ|facebook】 物件売却希望の東京~神奈川以外のかたは、今後は facebook リフォームQ へお願いします。 (2017/01/24)