「 再建築不可 」一覧

再建築不可物件とは、接道義務違反の既存不適格や減築しないと建て替えできない不動産の総称です。みなし道路(42条2項私道)や旗竿地、囲繞地通行権など住宅密集地の土地問題を解消し、売買(売却・買取)市場に流通させる方法をまとめています。

不動産投資に再建築不可物件は割安か?

不動産投資に再建築不可物件は割安か?

不動産投資を考える人からの再建築不可物件の買取価格が格安な理由と2m道路・4m道路について解説しています。再建築不可物件を売って欲しい、という個人投資家からの問合せがあります。

記事を読む

住宅密集地の築古アパート(再建築不可物件)の買取価格

住宅密集地の築古アパート(再建築不可物件)の買取価格

東京都内の住宅密集地にある築古アパート(再建築不可物件)の買取価格は、そのアパートに住む賃借人が生活保護者である可能性から、利回りが見込めず、安価である必要がある。

記事を読む

旗竿地評価〔不整形地補正率〕とは?―旗状地・想定整形地の評価方法

旗竿地評価〔不整形地補正率〕とは?―旗状地・想定整形地の評価方法

旗竿地評価とは、不整形地である旗竿地・旗状地の土地価格計算・評価方法を意味します。旗竿地評価は、変形地である旗竿地を想定整形地に見立て、そこから不整形地補正率に基づいて整形力の減額割合で計算します。

記事を読む

建築不可土地―建築不可物件が「空き地買取」で建て替え可能に

建築不可土地―建築不可物件が「空き地買取」で建て替え可能に

建築不可物件には、接道要件を満たさない未接道地・無道路地で、建築基準法その他の法律・条例に適合しない建築不可土地と、増改築を違法に繰り返し既存不適格物件になってしまった、建物に問題のある建築不可物件があります。

記事を読む

建築制限=建築基準法・都市計画法等による建築内容の制限≠再建築不可

建築制限=建築基準法・都市計画法等による建築内容の制限≠再建築不可

建築制限とは、建築基準法や都市計画法等による建築設計内容に規制がかけられる基準を意味します。建築物の高さや斜線制限など住宅地のルールや災害防止目的の建築制限まで幅広くあります。

記事を読む

再建築不可物件【東京都内】相続査定=23区の建直し困難な遺産

再建築不可物件【東京都内】相続査定=23区の建直し困難な遺産

再建築不可物件(東京都内事例)を相続処分するさいの査定内訳を解説します。法令により現状と同じ建物に立て直しできない再建築不可物件は東京都内にあっても資産価値が低く査定される相続財産です。

記事を読む

旗竿地・旗地の売却×リフォーム=旗竿敷地の売買と建て替え

旗竿地・旗地の売却×リフォーム=旗竿敷地の売買と建て替え

旗竿地・旗地は、公道の接道間口からの通路を抜けて住宅建物に至る地形が特徴です。旗竿敷地が境界侵奪され建築基準法規定以下の幅になると、その旗竿物件は再建築不可リフォームでしか建物改装ができなくなります。

記事を読む

私道建て替え=建て替え・再建築不可の【袋地・私道建築許可】

私道建て替え=建て替え・再建築不可の【袋地・私道建築許可】

私道建て替え、つまり私道に接道する住宅の建て替えには、クリアすべき建築条件がいくつかあります。このページでは、私道建て替えに伴う、道路位置指定や建築許可、袋地や私道利用者の建て替えについてまとめています。

記事を読む

囲繞地通行権―袋地売買と袋地通行権売却【囲繞 意味、評価、判例】

囲繞地通行権―袋地売買と袋地通行権売却【囲繞 意味、評価、判例】

囲繞地通行権は、袋地売買(売却)に付帯して売買される囲繞地を通行する権利。この通行地役権には通行料・償金が原則発生します。このページでは囲繞の意味や袋地通行権の評価、判例に関し解説しています。

記事を読む

私道負担―位置指定道路持分と通行権、私道トラブル―私道評価・通行権

私道負担―位置指定道路持分と通行権、私道トラブル―私道評価・通行権

私道負担とは、共有私道として提供する敷地部分を意味します。このページでは、位置指定道路の持分と通行権、私道トラブル、境界・道路持分紛争および私道評価や私道通行権についてまとめています。

記事を読む

既存不適格物件―建築基準法の遡及緩和適用には既存不適格調書を添付

既存不適格物件―建築基準法の遡及緩和適用には既存不適格調書を添付

既存不適格とは、建築時適法だったのに法改正・都市計画変更で現法律に不適合になった再建築不可物件を意味します。増改築のさい遡及緩和適用により法の不遡及を回避するには確認申請書に既存不適格調書を添付します。

記事を読む

接道義務例外―狭隘の意味は無道路地で接道要件未満の道路

接道義務例外―狭隘の意味は無道路地で接道要件未満の道路

接道義務とは、建築物の未接道状況を規制し、敷地が道路に2m以上接していない無道路地を規制し、都市計画区域の住宅街の安全を守る建築基準法43条の防災を目的とした規定を意味しています。

記事を読む

旗竿地間取りのメリットデメリット―敷延外構アプローチと延長敷地トラブル

旗竿地間取りのメリットデメリット―敷延外構アプローチと延長敷地トラブル

旗竿地間取りのメリット・デメリットを解説したページです。敷延(延長敷地)とも呼ばれる旗竿地の、外構や路地状敷地の有効利用法や敷地延長トラブルの事例判例を紹介しています。

記事を読む

通行地役権―時効取得~登記・契約書~対価【通行地役権トラブル】

通行地役権―時効取得~登記・契約書~対価【通行地役権トラブル】

通行地役権とは、地役権(観望地役権や引水地役権、地上権地役権など民法に基づき他人の土地を自分の便益に利用する権利)の1つです。通行地役権の時効取得~登記・契約書~対価および通行地役権トラブル等につき解説しています。

記事を読む

人口密集地域didとは【did地区は人口密集地区・過密住宅街の意味】

人口密集地域didとは【did地区は人口密集地区・過密住宅街の意味】

人口密集地域とは居住者や労働者が過密な地域を意味します。DIDとは密集して居住するエリア、DID地区は人口集中比率が基準以上に達している人の集合の過密な人口集中地区を指します。

記事を読む

みなし道路=建築基準法42条2項道路/土地セットバック要の意味

みなし道路=建築基準法42条2項道路/土地セットバック要の意味

みなし道路とは、建築基準法42条2項道路ともいい、再建築のさいはセットバックが必要な4m未満の幅しかない道を意味します。このページでは、みなし道路・2項道路・セットバックの意味を解説しています。

記事を読む

古家付き土地売却&リフォームDIY費用―築40年一戸建て古家あり

古家付き土地売却&リフォームDIY費用―築40年一戸建て古家あり

古家付き土地とは、不動産広告における法定耐用年数の限界を超えた中古一戸建て住宅の別称を意味します。築40年一戸建て木造住宅は、古家リフォームDIY費用をかけても売却困難な物件です。

記事を読む

密集市街地―密集市街地整備法【密集法】東京都内・神奈川県横浜・川崎

密集市街地―密集市街地整備法【密集法】東京都内・神奈川県横浜・川崎

密集市街地とは、標準的な市街地に比べて極度に戸建て住宅や商業施設が集中した地域で、道路・公園など公共施設が未整備のため火災の延焼防止・防災機能が確保されていない市街地を意味します。

記事を読む

再建築不可増築物件―違法増改築と火事・消防法の既存遡及

再建築不可増築物件―違法増改築と火事・消防法の既存遡及

再建築不可増築物件でも買取る側の納得があれば売却可能です。既存不適格の違法建築物も買う側が将来、減築や大規模リフォームで違法な既存不適格を解消する予定での売買なら、合法な法律行為です。

記事を読む