「 建て替え 」一覧

建て替えとは、再建築、家を建直し刷新すること。東京都内23区や横浜・川崎の市街地では、昭和時代の住宅が老朽などにより建替えラッシュの時期を迎えています。このカテは再建築に付、参考になる法令などをまとめています。

不動産投資に再建築不可物件は割安か?

不動産投資に再建築不可物件は割安か?

不動産投資を考える人からの再建築不可物件の買取価格が格安な理由と2m道路・4m道路について解説しています。再建築不可物件を売って欲しい、という個人投資家からの問合せがあります。

記事を読む

住宅密集地の築古アパート(再建築不可物件)の買取価格

住宅密集地の築古アパート(再建築不可物件)の買取価格

東京都内の住宅密集地にある築古アパート(再建築不可物件)の買取価格は、そのアパートに住む賃借人が生活保護者である可能性から、利回りが見込めず、安価である必要がある。

記事を読む

旗竿地評価〔不整形地補正率〕とは?―旗状地・想定整形地の評価方法

旗竿地評価〔不整形地補正率〕とは?―旗状地・想定整形地の評価方法

旗竿地評価とは、不整形地である旗竿地・旗状地の土地価格計算・評価方法を意味します。旗竿地評価は、変形地である旗竿地を想定整形地に見立て、そこから不整形地補正率に基づいて整形力の減額割合で計算します。

記事を読む

建築不可土地―建築不可物件が「空き地買取」で建て替え可能に

建築不可土地―建築不可物件が「空き地買取」で建て替え可能に

建築不可物件には、接道要件を満たさない未接道地・無道路地で、建築基準法その他の法律・条例に適合しない建築不可土地と、増改築を違法に繰り返し既存不適格物件になってしまった、建物に問題のある建築不可物件があります。

記事を読む

建築制限=建築基準法・都市計画法等による建築内容の制限≠再建築不可

建築制限=建築基準法・都市計画法等による建築内容の制限≠再建築不可

建築制限とは、建築基準法や都市計画法等による建築設計内容に規制がかけられる基準を意味します。建築物の高さや斜線制限など住宅地のルールや災害防止目的の建築制限まで幅広くあります。

記事を読む

再建築不可物件【東京都内】相続査定=23区の建直し困難な遺産

再建築不可物件【東京都内】相続査定=23区の建直し困難な遺産

再建築不可物件(東京都内事例)を相続処分するさいの査定内訳を解説します。法令により現状と同じ建物に立て直しできない再建築不可物件は東京都内にあっても資産価値が低く査定される相続財産です。

記事を読む

旗竿地・旗地の売却×リフォーム=旗竿敷地の売買と建て替え

旗竿地・旗地の売却×リフォーム=旗竿敷地の売買と建て替え

旗竿地・旗地は、公道の接道間口からの通路を抜けて住宅建物に至る地形が特徴です。旗竿敷地が境界侵奪され建築基準法規定以下の幅になると、その旗竿物件は再建築不可リフォームでしか建物改装ができなくなります。

記事を読む

私道建て替え=建て替え・再建築不可の【袋地・私道建築許可】

私道建て替え=建て替え・再建築不可の【袋地・私道建築許可】

私道建て替え、つまり私道に接道する住宅の建て替えには、クリアすべき建築条件がいくつかあります。このページでは、私道建て替えに伴う、道路位置指定や建築許可、袋地や私道利用者の建て替えについてまとめています。

記事を読む

建築協定違反事例や建築基準法違反の判例―横浜市建築協定事例など

建築協定違反事例や建築基準法違反の判例―横浜市建築協定事例など

建築協定とは、地域の住宅環境を創出する建築基準法69条に規定された規制です。このページでは建築協定違反の裁判例や、条例・建築制限の事例について詳しく解説しています。

記事を読む

建築資材価格―単価高騰とネット建築資材通販での【調達費用安】

建築資材価格―単価高騰とネット建築資材通販での【調達費用安】

建築資材価格・単価が高騰し、値上がり止まりしていると言われます。しかし、消費者としてはネットで建築資材通販によって直販で買えて、中卸業者の中抜きがなくなった分、建築資材調達費用は安くなったとも言えます。

記事を読む

囲繞地通行権―袋地売買と袋地通行権売却【囲繞 意味、評価、判例】

囲繞地通行権―袋地売買と袋地通行権売却【囲繞 意味、評価、判例】

囲繞地通行権は、袋地売買(売却)に付帯して売買される囲繞地を通行する権利。この通行地役権には通行料・償金が原則発生します。このページでは囲繞の意味や袋地通行権の評価、判例に関し解説しています。

記事を読む

住宅建築木材の種類と特徴&木造住宅建築工法の種類

住宅建築木材の種類と特徴&木造住宅建築工法の種類

住宅建築木材の種類と特徴および木造住宅建築工法の種類を紹介したページです。木造住宅に使われる建築用木材と住宅建築工法について、具体例を示して解説しています。

記事を読む

私道負担―位置指定道路持分と通行権、私道トラブル―私道評価・通行権

私道負担―位置指定道路持分と通行権、私道トラブル―私道評価・通行権

私道負担とは、共有私道として提供する敷地部分を意味します。このページでは、位置指定道路の持分と通行権、私道トラブル、境界・道路持分紛争および私道評価や私道通行権についてまとめています。

記事を読む

木材強度計算=鉄耐力~コペンハーゲンリブ、基準応力とは?(建築測定)

木材強度計算=鉄耐力~コペンハーゲンリブ、基準応力とは?(建築測定)

木材強度計算、基準応力、リブ強度計算と鉄耐力、コペンハーゲンリブについて解説したページです。

記事を読む

既存不適格物件―建築基準法の遡及緩和適用には既存不適格調書を添付

既存不適格物件―建築基準法の遡及緩和適用には既存不適格調書を添付

既存不適格とは、建築時適法だったのに法改正・都市計画変更で現法律に不適合になった再建築不可物件を意味します。増改築のさい遡及緩和適用により法の不遡及を回避するには確認申請書に既存不適格調書を添付します。

記事を読む

建築確認不要―建築確認申請不要の軽微な変更と地域・建築協定

建築確認不要―建築確認申請不要の軽微な変更と地域・建築協定

建築確認後に変更があれば構造計算適合性判定の必要性など建築主事に相談をすべきですが、建築基準法6条1項の国土交通省で定める軽微な変更(建築基準法施行規則3条の2第1項)の場合は手続き不要です。

記事を読む

接道義務例外―狭隘の意味は無道路地で接道要件未満の道路

接道義務例外―狭隘の意味は無道路地で接道要件未満の道路

接道義務とは、建築物の未接道状況を規制し、敷地が道路に2m以上接していない無道路地を規制し、都市計画区域の住宅街の安全を守る建築基準法43条の防災を目的とした規定を意味しています。

記事を読む

布基礎工事=布基礎ベタ基礎のメリットデメリットを考査して工事する

布基礎工事=布基礎ベタ基礎のメリットデメリットを考査して工事する

布基礎工事とは、凸型のブロックを組み「布=水平連続の土台」状態の敷地に建築物を建設していく施工方法です。布基礎ベタ基礎のメリットデメリットは、費用面の多少だけで大差はありません。

記事を読む

旗竿地間取りのメリットデメリット―敷延外構アプローチと延長敷地トラブル

旗竿地間取りのメリットデメリット―敷延外構アプローチと延長敷地トラブル

旗竿地間取りのメリット・デメリットを解説したページです。敷延(延長敷地)とも呼ばれる旗竿地の、外構や路地状敷地の有効利用法や敷地延長トラブルの事例判例を紹介しています。

記事を読む

根府川石(神奈川県小田原市根府川が採石場の庭石)―仕上材料に詳しくなる

根府川石(神奈川県小田原市根府川が採石場の庭石)―仕上材料に詳しくなる

根府川石とは、神奈川県小田原市根府川が採石場として知られる高級な庭石を意味します。このページでは、根府川石や小松石その他、建築の仕上材料について解説しています。

記事を読む