「 底地買取 」一覧

底地とは他人に建物を所有させるため賃貸した宅地を意味する。底地買取カテゴリーは、貸地の相続税に対する物納や土地売払い(売却)、賃貸借&売買トラブルへの更新拒絶・正当事由など対処法、地主の悩み相談でよくある情報をまとめています。

信頼関係破壊の法理(信頼関係の法理)と借地借家法適用外の賃借権転貸

信頼関係破壊の法理(信頼関係の法理)と借地借家法適用外の賃借権転貸

信頼関係破壊の法理とは、土地賃貸借契約の債務不履行解除は当事者間の信頼関係を破壊する事由がなければ行使できないこと。借地借家法適用外の賃借権転貸における信頼関係破壊の法理の意味を解説しています。

記事を読む

ブラック地主―底地ビジネスは底地買取業者と地主が儲かるという報道の嘘

ブラック地主―底地ビジネスは底地買取業者と地主が儲かるという報道の嘘

ブラック地主と底地ビジネスをヒモ付け底地買取業者と地主ビジネスは儲かるとNHKおはよう日本で報道されていました。実際は、多額の借地権売却費用や立ち退き費用で借地人および代理弁護士の方がぼろ儲けすることになります。

記事を読む

貸宅地―相続税を考える時の〔底地〕の名称―評価方法

貸宅地―相続税を考える時の〔底地〕の名称―評価方法

貸宅地とは、住宅を建てる目的の土地貸し、自用地を宅地として他人に貸すことを意味し、底地と同義語である単語です。貸宅地の読み方は、カシタクチと発音します。このページは貸宅地評価や駐車場経営について記したページです。

記事を読む

地主承諾書【借地承諾書/底地証明書】借地抵当権に対する地主の承諾書

地主承諾書【借地承諾書/底地証明書】借地抵当権に対する地主の承諾書

地主の承諾書とは、金融機関が底地人から取る念書・確認書を意味します。地主承諾書は「借地承諾書/底地証明書」の側面を持ち、借地抵当権に対する地主の借地権承諾書として利用されます。

記事を読む

底地相続・寄与分判例―底地評価価格・借地権割合と特別寄与分の計算

底地相続・寄与分判例―底地評価価格・借地権割合と特別寄与分の計算

相続財産は遺産分割協議が終るまで共有状態です。底地は共有すると複雑なので、代償金と寄与分で共有持分ぶんの現金遺産を確保するよう相続計算をし不動産と現金の共有状態を避けることが賢明です。

記事を読む

底地売却―借地底地同時売却が購入者の最高売買(買取)価格になる

底地売却―借地底地同時売却が購入者の最高売買(買取)価格になる

底地売却は、土地の価値が低い為、その取引価格も安価です。底地売却は賃借人が1番の売主ですが、場合によって、底地・借地権の同時売却を底地買取業者にするのが最高値になる可能性もあります。

記事を読む

底地物納手引き=相続税物納不可の根拠と相続税延納の手引き

底地物納手引き=相続税物納不可の根拠と相続税延納の手引き

底地物納は実質的には不可能です。相続税物納ができない管理処分不適格財産・物納劣後財産には含まれないものの、底地物納をはじめ不動産による相続税納税は敬遠されます。

記事を読む

貸地契約―神奈川県横浜市の貸地・底地売買契約&借地権買取

貸地契約―神奈川県横浜市の貸地・底地売買契約&借地権買取

貸地契約は契約条件を精査しないと、土地賃貸借契約解除の際に、明け渡し等でトラブルになる事があります。このページでは神奈川県横浜市の貸地案件を紹介し、貸地契約について解説しています。

記事を読む

底地譲渡と土地境界確認書―底地売買紛争を敷地境界確認書で予防

底地譲渡と土地境界確認書―底地売買紛争を敷地境界確認書で予防

底地譲渡をするには、隣地境界確認書・土地境界確認書その他の書類作成で、相隣関係の整理を事前にしないといけません。隣地との土地境界確認書が底地譲渡の際に重要な点です。

記事を読む

底地売買=貸地売却価格は借地人しか評価できず底地売買は難しい

底地売買=貸地売却価格は借地人しか評価できず底地売買は難しい

底地売買は借地権者以外とは売買取引成立が困難です。相続対策時、貸地売却は借地権者に依頼するのがベストです。この頁では底地売買について解説しています。

記事を読む

貸し地とは?―貸地の読み方、貸し地と恩貸地(カシチとオンタイチ)

貸し地とは?―貸地の読み方、貸し地と恩貸地(カシチとオンタイチ)

貸地とは、自己所有土地を他人に貸すことです。借地契約によって、他人に建物を建てさせ所有させ独占占有させる「底地」も貸地、「青空駐車場」として空き地を貸すのも貸地です。

記事を読む

底地査定評価―底地価格を土地の調査・鑑定から価値判定する

底地査定評価―底地価格を土地の調査・鑑定から価値判定する

底地査定とは、その土地価格のうちの底地価値、地上に建物が立った状態の地面のみの価格評価を調査鑑定することを意味します。底地査定では、借地権価格のほうが底地価格評価より高額になります。

記事を読む