バリアフリーDIY―自分でDIYバリアフリーリノベーション

バリアフリーDIYをして、リフォーム費用を格安に上げようとしても禁止行為があります。このページでは自分でバリアフリーリノベーションを作業する際の注意事項などを解説しています。

バリアフリーリノベーション

バリアフリーリノベーションはどこまでやるべきか?」と聞かれることがよくあります。

介護用の改修工事、バリアフリーリフォームは、建物全体を新築そっくりさんにするような「リノベーション」ではなく、パーツごとに分けてやる事が多いです。

高齢者リフォームマーク

よって、

「バリアフリートイレ・バリアフリー風呂など住宅内部の一部を、親御さんの介護事情に合わせてリフォームするもので、リノベーション(大規模改修)までする必要はないんじゃない?」

と答えるようにしています。

バリアフリーとは?

バリアフリーとは、高齢者や障害者がソーシャルライフを送る上で、日常の行動の支障となる障害物や障壁を気にせずに元気よく過ごせる環境を作ることです。

実家リフォームをする時には、以下のような箇所の改良をするバリアフリーリフォームが考えられます。

玄関バリアフリー
手摺やスロープ、リフトの設置。床は滑らない水はけの良い材質を使用し、車椅子がUターンできるスペースを確保、玄関灯・足元灯の高さなどを介護仕様に改修します。
階段バリアフリー
踊り場は必ず「折れ曲がり式」として、上から下まで1直線で落ちないようにします。踏み面は滑り止めか滑りにくい材質にリフォームする。手摺がなければ必ず増築工事します。
廊下バリアフリー
手摺がない時は設置工事が必要です。コルク床材などに修繕し直し、廊下の始点や終点、トイレ前には足元灯を設置する。

自分でDIY改修―介護リフォーム費用を安く

バリアフリー改修は、多くの人が認識している通り、介護保険の支給費用に合わせて行う場合が多いものです。要介護認定を市役所から受けて、20万円枠内の介護認定リフォーム

介護保険給付の20万円、自己負担2万円で行えるのは、玄関・トイレ・浴室への手すり設置と、各室と廊下の段差解消程度です。バリアフリーリノベーションは自分でDIY改修しても予算不足で不可能です。

介護リフォーム費用に対する介護保険給付の20万円は1家庭に生涯1回きりです。なので、大規模なバリアフリーリフォームは自己出費し限りなく自分でDIYする努力が必要です。

バリアフリーリノベーションを安価に成功させるには、自分でDIY改修するバリアフリーリフォームDIYの手間を惜しまない事が重要です。

バリアフリーDIY

バリアフリーDIYには、できる事とできない事があります。

手先が器用で自分でDIY改修するのが超・得意な人が、バリアフリーDIYの実践でトイレのドアを今までの開き戸タイプから器用にもスライド式の引き戸にリノベーションしたとします。

この戸の交換は、高い建築技術レベルが要求されますので、この人がやったバリアフリーDIY作業は優秀賞モノだと言えます。

しかし、この人が「ウォッシュレット付けてやろう」と思って、トイレ内にコンセントの電源がないので、壁に穴を開けてコンセントプラグ差込口を作ってしまったとします。

この、バリアフリーDIY(トイレリフォームdiy)はアウトです。

電気工事士法違反のバリアフリーDIYは火災時の賠償が問題

コンセント工事を無資格者がやるのは電気工事士法違反であり、まさか自宅改修で捕まりはしませんが、これが元で火災が起きたら火災保険の適用してもらえるかは疑問です。

なので、バリアフリーDIYする際には、その改修工事の内容が法律に抵触するか、違法な増改築に当たらないか、といった事をキチンと確認して行う必要があります。

バリアフリーリフォーム

バリアフリーリノベーションをするさいは家族全員の使い勝手が大事です。そして、前述の通りバリアフリーDIYでできない事もあります。

親御さんが要介護認定を受け、ケアマネさんが付いているなら、その方にバリアフリーリフォームのプロである住環境コーディネイターの資格者を紹介してもらうのも手です。

ケアマネさんがついていない場合、業者に頼まなきゃいけなそうなバリアフリーリフォームの相談先は、設計事務所・建築会社・工務店・リフォーム会社等になります。

相見積りとバリアフリーDIY資材を揃えにホームセンターへ

ただ、「1社に相談するとその相談先に全てリフォーム作業を依頼しなければならない」と心配になる人もいます。

自分でDIYリフォームできる所まで業者に頼んでしまうと、作業手間賃の節約ができず、バリアフリーリノベーションが割安にできなくなりそうに思えます。

そういう場合は、ホームセンターのDIYリフォーム無料相談コーナーへ「バリアフリーDIYしたいんだけど」と訪ねるといいです。

今、どこのホームセンターにもDIYリフォーム無料相談コーナーが完備されています。

バリアフリーリフォームDIY

ところで、「家を建てた時の建築会社が一番事情を知っているからバリアフリーリノベーションもそこに頼もう」というのは〔勘違い〕〔間違い〕です。

故障箇所を修理させるのではなく、「老後生活を向かえるための機能装備」を「新規」で注文するのですから、検討するのは「バリアフリーリフォームDIYに詳しい業者かどうか」です。

バリアフリーリフォームに詳しく、かつ依頼主が希望する「自分でDIY改修する点」も尊重してくれる業者に当たるよう、幾つかのホームセンターを「相見積書」を貰いながらハシゴしたらいいでしょう。

身内に要介護者がいてバリアフリー住宅に住んでる業者

バリアフリーDIYできるとこは自分でやり、手の届かないバリアフリーリノベーションは業者に頼めれば、作業結果も予測できて、よくある「リノベーション後悔・リフォーム後悔」をしなくて済みます。

その業者に身内に要介護者がいて高齢者事故に詳しければベターです。

信頼できる業者が知り合いにいればベストですが、なるべく沢山の業者に相見積書をとりつつ、「バリアフリーとは?」と尋ねて介護リフォームに理解があるか探りを入れつつ相談するべきです。

そうしてるうちに、自分がバリアフリーDIYで注意する点なども分ってくる事があります。

階段バリアフリー

冒頭では、階段のバリアフリーリフォームは重要、手すり・滑り止めは必須と書きましたが、これは要介護度1、または要支援程度の、介護の必要性が「軽度」の人の場合です。

親が、要介護度2以上、または現在、脳溢血などで入院していて、退院後の支援のために親の家リフォームを考えてあげている子息にとって、階段のバリアフリーDIYは不要です。

建築基準法の改正、階段の手すり設置義務

ちなみに2千年6月の建築基準法改正で、階段の手すり設置は法律で義務化されました。2千年以前に建てられた階段に手すりのない戸建て住宅は「既存不適格物件」なのです。

既存不適格というと、用途地域の容積率・高さ制限オーバー物件など「減築」対象物件や、「耐震基準不足」ばかりが注目されますが、階段の手すりナシもアウトです。

怪我した高齢者の写真。

バリアフリー階段手すりと転倒死亡リスク

ならば尚更、階段バリアフリーは必要じゃないか?と思われるでしょう。しかし、親が要介護度2以上、または脳外科で入院中ならば、それ以上、容態が改善する事は稀です。

自論ですが、階段をバリアフリーにするより、2階へ上る必要をなくす、2階に上らせない工夫をするほうが親の安全面でメリットです。

階段での転倒は死に直結するし、手すりがあっても転倒は避けられません。2階は空っぽにするなど、昇る必要性をなくすほうが親のためです。

リフォームdiy失敗

自分でdiy改修を始める時、普通は、設計図や計画表を作ったりせず成り行きでリフォーム資材を揃えて仕事にかかるものの、このdiy改修作業が失敗するなんて考えたりしません。

でも、けっこうな確率でdiyリフォームは失敗するものです。頭の中で描いた設計図の多くが自分で作業しやすく、かつ現実と乖離していたりするので仕方ありません。

バリアフリーdiyで失敗しないために

バリアフリーdiyで失敗すると、自分でやるから人件費はかからないから「借金リスク」には陥らないものの、介護用資材に使った資金ロスと自分自身の時間ロスは否めません。

バリアフリーdiyで失敗しないため、設計図はいらないけど、やりたいリフォーム内容をスケッチに残し、メモで残し、作業中何度も確認できるようにすべきです。

大改造劇的ビフォーアフターの匠も失敗する

大改造劇的ビフォーアフター・リフォームの匠も失敗し、多数の訴訟を抱えています。

素人のバリアフリーリフォームで失敗しない訳がない。だからこそ、時間をかけ慎重に作業を進めるんです。

さて、ビフォーアフターのスポンサーCMでは、sfaポンプという「排水圧送粉砕ポンプで寝室の押入れを簡易トイレにするキット」が宣伝されています。

あれは値段は知らないけど、簡易トイレなだけで水回り工事が不要で失敗はなさそうですが、要介護者の寝室押入れをトイレにする工事には失敗が多いです。

そして、この工事をDIYリフォームで施工して失敗すると要介護者自身の気持ちロスが起こってしまいます。

トイレのリフォーム後のイラスト

寝室トイレリフォームで失敗しないために

寝室のトイレリフォームDIYで失敗しやすいのは、便所にはドアが付き物だという固定観念から押入れトイレにドアをつけてしまって部屋が狭く使い勝手が悪くなるケース。

これ、なにか壊れたとか損したとかじゃないから、失敗というと語弊あるかもしれませんが、けっこうこれで悔やんでいる人います。

それと元押入れだけに襖部分の敷居の段差がありますが、それを取っ払わずに施工してしまい、数ミリの段差でつまづいたり、車椅子での用便に支障を来たしたり。

DIY工事を始める前に簡易に試してみる

これが失敗になるのは、最初からフル装備の寝室トイレをこしらえようという完ぺき主義が原因だと思います。

寝室トイレのバリアフリーリフォームDIYを開始する前、市販の簡易トイレ(おまる)を購入して押入れ改修せずにベッドの横に置いて試す、テスト走行をした方が失敗は減ります。

(本文、終了)

★☆★東京~神奈川で物件を探しています。★☆★

gold

※追記:リフォームモニターは終了しました。※

リフォームのご質問・ご相談は、facebookのメッセージから受け付けます。 急ぎで作ったメッセージやりとり専用ページです。→【リフォームQ|facebook】 物件売却希望の東京~神奈川以外のかたは、今後は facebook リフォームQ へお願いします。 (2017/01/24)