格安な再建築不可アパートは割高

格安な再建築不可アパートは割高

格安な再建築不可アパートを購入するさい、「空室リスクは家賃を下げて対応」という発想は安易です。東京都内山手線外・城東区域において、4.5畳にUB付きといった最低レベルのアパート家賃は3万円台であり、不動産投資利回りに見合う金額ではありません。

記事を読む

リノベした再建築不可物件、その購入価値

リノベした再建築不可物件、その購入価値

再建築不可の中古住宅をリノベしただけの新築そっくり物件に購入価値があるか――について、中古住宅の腐朽・安全性と再建築不可エリアの住宅環境を元に解説しています。

記事を読む

不動産投資に再建築不可物件は割安か?

不動産投資に再建築不可物件は割安か?

不動産投資を考える人からの再建築不可物件の買取価格が格安な理由と2m道路・4m道路について解説しています。再建築不可物件を売って欲しい、という個人投資家からの問合せがあります。

記事を読む

住宅密集地の築古アパート(再建築不可物件)の買取価格

住宅密集地の築古アパート(再建築不可物件)の買取価格

東京都内の住宅密集地にある築古アパート(再建築不可物件)の買取価格は、そのアパートに住む賃借人が生活保護者である可能性から、利回りが見込めず、安価である必要がある。

記事を読む

自宅売却=正確な査定で我が家を売る自宅処分法【整理・片付け】

自宅売却=正確な査定で我が家を売る自宅処分法【整理・片付け】

自宅売却処分について、査定を頼む前の自宅整理・片付けの段取りや査定方法についてまとめたページ。自宅売却の理想は、想定していた高値で査定され、短期間で自宅処分の片がつくことです。

記事を読む

家を貸したい=自宅一戸建て、持ち家一軒家を貸すには【自宅賃貸方法】

家を貸したい=自宅一戸建て、持ち家一軒家を貸すには【自宅賃貸方法】

家を貸したい、中古一戸建て・一軒家など借り手のいない家を貸すにはどうすべきかとお悩みの方に向けた情報ページです。住む当てのない自宅を貸す方法をまとめました。

記事を読む

法定相続分改正=配偶者・子・親兄弟の法定相続分計算割合、具体例

法定相続分改正=配偶者・子・親兄弟の法定相続分計算割合、具体例

法定相続分(民法900条)の改正法案が審議され、反対多数で見直しを余儀なくされたようです。このページでは、配偶者と故人の親・子・兄弟姉妹との法定相続分の改正を具体例をあげて解説しています。

記事を読む

不動産投資 失敗=新築・中古・ワンルームマンション~投資の失敗例

不動産投資 失敗=新築・中古・ワンルームマンション~投資の失敗例

不動産投資の失敗は、高額な資金運用に対するリスクマネジメントが甘くロスが積み重なることが原因です。このページでは新築・中古・ワンルームマンションなどの投資の失敗例・成功例をまとめて解説してあります。

記事を読む

クロス張替え相場=壁紙リフォーム費用・単価料金の市場平均価格

クロス張替え相場=壁紙リフォーム費用・単価料金の市場平均価格

クロス張替えとは壁紙リフォーム、つまり居室の内壁や天井の壁紙・クロスを、既存のものを剥離し下地を整えて新しいものに張替える工事を意味します。クロス張替え相場とは壁紙リフォーム費用の市場平均価格です。

記事を読む

再建築不可買取売却=建て替え禁止土地建物の売買処分を受付。

再建築不可買取売却=建て替え禁止土地建物の売買処分を受付。

訳あり物件、再建築不可の買取を行っています。事故物件、借地権・底地、共有持分や既存不適格物件をシェアビジネスに転用するため、高価買取しております。

記事を読む

0円住宅・賃貸併用住宅のデメリット=売電収入でローン0円は不可能

0円住宅・賃貸併用住宅のデメリット=売電収入でローン0円は不可能

0円住宅とは、賃貸併用住宅の家賃収入や太陽光発電の売電収入によって、家の購入代金の住宅ローン支払いの月々の負担金を賄う住宅販売システムを意味します。このページは住宅ローン0円住宅のデメリットやリスクを解説しています。

記事を読む

信頼関係破壊の法理(信頼関係の法理)と借地借家法適用外の賃借権転貸

信頼関係破壊の法理(信頼関係の法理)と借地借家法適用外の賃借権転貸

信頼関係破壊の法理とは、土地賃貸借契約の債務不履行解除は当事者間の信頼関係を破壊する事由がなければ行使できないこと。借地借家法適用外の賃借権転貸における信頼関係破壊の法理の意味を解説しています。

記事を読む

借地権売却―地上権借地権~土地賃借権の売却・譲渡【地上権売買】

借地権売却―地上権借地権~土地賃借権の売却・譲渡【地上権売買】

借地権売却とは、借地権(土地賃借権・地上権借地権)という権利の売却です。借地権を買い受けた者が土地の独占権を持つことを意味します。よって借地権売却価格は土地本体の売却価格の6~9割近くの値段になります。

記事を読む

夫婦共有財産―住宅ローン収入合算・夫婦合算割合で夫婦共有財産を計算

夫婦共有財産―住宅ローン収入合算・夫婦合算割合で夫婦共有財産を計算

夫婦共有財産とは、夫婦個人名義の物品以外の家財道具ほか動産、自宅や別荘など不動産を意味します。特に離婚夫婦の共有財産分割時の夫婦共有財産の意味は、夫婦が婚姻中に築いた財産(専業主婦たる妻の内助の功も含む)に限定されます。

記事を読む

ボロアパート経営―ボロアパートの家賃&DIY改造対策!

ボロアパート経営―ボロアパートの家賃&DIY改造対策!

ボロアパート経営は家賃回収、立ち退き、修繕工事にいかに経費を掛けずにスムーズに行えるかが儲けの源泉です。このページではボロアパート経営に必要な借家関係の法律やDIYリフォーム等について記述しています。

記事を読む

明け渡し―土地建物の明け渡し請求~明け渡し訴訟とは?(意味)

明け渡し―土地建物の明け渡し請求~明け渡し訴訟とは?(意味)

明け渡しとは、賃貸借していた土地建物を空き家・空き地状態に戻して所有者・権利者に返還(引き渡し)する事を意味します。借地借家の明け渡し請求が上手くいかない場合、明け渡し訴訟によって裁判所の判決により明渡しを実現させます。

記事を読む

賃借権売買・底地買い―賃借権の売買不調で資金があれば自ら底地買い

賃借権売買・底地買い―賃借権の売買不調で資金があれば自ら底地買い

賃借権の売買市場では借地権売買は盛んですが底地買いは低調です。ただ、賃借権売買の価格は昔に比べ安値になりました。東京都内や横浜にも空き家が溢れ、賃借権に頼らない物件取得が可能になったからです。

記事を読む

不動産持分売り=共有持分売却×買取による、不動産名義・権利の売買

不動産持分売り=共有持分売却×買取による、不動産名義・権利の売買

不動産持分売買(売却・買取)は、共有者間で共有持分の売り買いするのが一番、売買価格に納得できます。しかし、共有者間で仲たがいがある場合、売り急がず、他の共有者が不動産持分売却を始めるまで堪えて待つ事が得策です。

記事を読む

ブラック地主―底地ビジネスは底地買取業者と地主が儲かるという報道の嘘

ブラック地主―底地ビジネスは底地買取業者と地主が儲かるという報道の嘘

ブラック地主と底地ビジネスをヒモ付け底地買取業者と地主ビジネスは儲かるとNHKおはよう日本で報道されていました。実際は、多額の借地権売却費用や立ち退き費用で借地人および代理弁護士の方がぼろ儲けすることになります。

記事を読む

共有物分割請求訴訟―縁戚と共有分割・土地持分分割割合を争う

共有物分割請求訴訟―縁戚と共有分割・土地持分分割割合を争う

共有物分割請求訴訟とは、共有名義である縁戚の相続人間で共有財産分割交渉が整わない時、裁判所に共有持分分割割合について裁定してもらう訴訟手続きを意味します。このページでは共有物分割・共有分割について解説しています。

記事を読む